Home>記事一覧>業者依頼前に地デジアンテナ工事の内容を知っていこう!

業者依頼前に地デジアンテナ工事の内容を知っていこう!

アンテナ

地デジアンテナ工事の流れとは?

専門業者に地デジアンテナ工事を依頼した時、実際にどのような工事をしていくのか気になりますよね。工事当日は、まず指定した日時に業者の方が伺います。そのとき、必要な部品などを持参しているでしょう。必要なものを持っていくことで滞在時間を削減、かつ依頼者の負担を少なくするように心がけているのです。そして、いざ工事が始まると通線作業や必要に応じて分配工事などを行っていきます。配線はたくさんありますが、プロなので適切な工事を正しい手順で行ない、スピーディーに作業を進めて完了させていきます。そして、アンテナ設置と配線工事が終わったら、視聴確認をしていくのです。この確認できちんとテレビが観られるようになっていれば、作業はすべて完了でしょう。

作業員

工事前に受信感度が気になる場合も心配無用

地デジアンテナ工事をしている業者では、工事に入る前に現地調査をすることがほとんどです。現地調査では、アンテナの設置する場所の把握や、周りの環境などから電波調査などをしていきます。そのため、工事が終わってから電波状況が良くないという事態を防ぐことができるでしょう。また、受信感度があまり良くないエリアでは、電波を入りやすいようにする追加工事などの提案をしてくれます。ですから、もともと電波状況が悪いという場所にお住いの方でも安心して相談や依頼をしてみてください。すでにアンテナが取り付けられている場合でも、調査はできるため連絡をしてみましょう。すでにある場合は、破損や故障などがないかチェックしてくれます。現地調査にかかる時間は、電波調査のようなものなら早くて10分ほどで済みます。故障の疑いがある場合は、原因特定が必要となる為に時間がもう少しかかります。しかし、どちらも大幅に時間を取らすことのないよう、迅速に動いて依頼者を気遣ってくれます。

広告募集中