テレビを観るために必要な地デジアンテナ

男性

テレビを観るには、地デジアンテナが必要になります。そのため、多くの家庭がすでに取り付けているでしょう。でも、新築を建ててこれからアンテナ取り付けするという人や、新しい地デジアンテナに変えるという人もいますよね。実は、アンテナにはいくつか種類があります。間違ってしまうと地デジ放送が観られないので、その種類をまずは知っておくといいですよ。アンテナによって形がまったく違うため、アンテナの種類を覚えるのはさほど難しくはないでしょう。独特な形をしているものもあるので、よく見かけるのは地デジアンテナだったのかと気付くことでしょう。

形と名前で覚えておこう!アンテナの種類

  • UHFアンテナ(お魚の形をしている)
  • BS・CSアンテナ(円盤状になっている)
  • VHFアンテナ(長さの違う横棒がたくさんある)

取り付けたいけどどうすればいい?地デジアンテナに関するお話

アンテナ工事は業者に任せよう

地デジ放送は、UHFアンテナと呼ばれるお魚の形をしたアンテナを取り付けることで観ることができます。ただ、UHFアンテナは屋根の上に取り付けることがほとんどで、室内に置く室内アンテナとは違います。そのため、素人が作業にあたるのは危険でしょう。これから、地デジアンテナを取り付けたいと思っている人は、業者に任せてください。足元に注意して作業を行なってくれるので、怪我をする危険が減ります。

良い業者を選んで依頼をすること

地デジアンテナの工事をしてくれる業者は、多くあります。そのため、依頼先を選ばないといけないでしょう。そこで、おすすめの業者は下請け業者を持たずに、自社ですべてを行なうところ。また、サービス内容が豊富で安心価格を提供しています。さらに、無料見積もりを実施し、検討しやすいようにしているところもあるでしょう。こういった特徴を持つ業者を見つけるようにすると、依頼して良かったと思う結果になりやすいですよ。

地デジアンテナ取り付けにかかる費用

取り付けに必要な費用は、業者によっても幅が広いため無料見積もりなどを利用して確認をするようにしてください。無料見積もりは、ネットからでも受け付けていることがあります。大体の相場としては、5万円前後でしょう。ただ、使用するアンテナや追加の工事内容によってさらに違いが出てくるため、相場だけで依頼しないでしっかりいくらかかるのか見積もりを取ることをおすすめします。また、見積もり結果を提示されたときは、内訳もチェックしておきましょう。

設置後に不具合が見つかったら確認を

業者に地デジアンテナ工事を依頼して、テレビが観賞できるようになっても、場合によっては不具合がでることがあります。電波の受信具合が良くなく、テレビがしっかり観れないこともあるのです。実は、電波障害が起こるのは珍しいことではありません。新しい建物が建ったことで、電波障害が起こることもあるでしょう。また、良くあるのが雨風によるもの。アンテナは意外と雨風の影響を受けやすいです。その時は、天候が落ち着けば回復してくれるでしょう。しかし、なかなか状況が良くならない時は、配線のトラブルで電波障害が起きていることもあるので、連絡を取るようにしてみるといいです。

広告募集中